見えない治療とは|矯正歯科で行なわれるインプラントについて
歯

矯正歯科で行なわれるインプラントについて

見えない治療とは

院内

大阪の審美歯科では歯並びをキレイにしようと、子どもから大人まで多く人が矯正治療を受けています。バランスが崩れてしまうと、食事や印象に影響を及ぼす可能性が高いので早目の治療が重要となっています。特に大阪では永久歯が生えそろう前の子どもの時期に治療を受けるよう呼びかけており、早い段階での治療は費用も時間も大きくカット出来ることが1つの理由となっています。歯の健康は体の健康とも大きく繋がっているので、健康と美しさを維持するためにもしっかり治療を受けましょう。

審美歯科では歯並びをキレイにする矯正治療を行なっていますが、治療を受ける人の中には装着する装置に抵抗がある人も多いでしょう。矯正治療では特殊なワイヤーを使い、歯並びを整えていきます。しかしこのワイヤーは色がシルバーなので、歯に装置すると口を開くだけで目立ってしまうのです。そのため人とのコミュニケーションに抵抗を感じる人や、営業や接客業で働いている人の仕事に支障が出る可能性もあるのです。ですが大阪の審美歯科で導入されている最新の「インビザライン」と呼ばれる矯正装置を使えば、人に見られることを気にすることなく治療に取り組むことが出来ます。このインビザラインとはマウスピース型の矯正装置で、色がついていない透明タイプなので装着していても人に気づかれないのです。さらに取り外しが自由に出来るので、食事や歯磨きの際に取り外すことで常に清潔な状態を保つことが出来ると大阪で人気です。治療を進めていく際には衛生面も非常に重要となるので、歯並びをキレイに口腔環境を清潔に保つにはインビザラインが最適です。